ですからこの着床障害に際しては、決め手となる治療

ですからこの着床障害に際しては、決め手となる治療が存在しないというのが現実です。
最後の命題が卵子の加齢です。
女性が結婚する年齢を重ねれば重ねるほど、その女性の卵子も老化していくということなのです。
大きな原因は、精子と卵子が巡り会えないという状況です。精子と卵子がお互いに会えないことには、受精卵へとなることができないわけですから、何があっても妊娠があり得ないことは簡単に把握できるでしょう。また不妊治療というのは、簡単にいってしまえば、精子と卵子が出会うのをアシストする治療だといえます。違った言い様をすれば、不妊治療=精子と卵子の距離を近づける手段でもあるわけです。
不妊治療の現場では、卵子のエイジングに対して、体外受精という手段で言うならば近道での妊娠を目指すといった手段が行われています。
けれども、体外受精は1回につき医療にかかるお金が、40〜60万円、医療の現場次第では100万円ほど費用がかかるところもあります。
「子どもが授かりにくいな」と自覚したカップルがまず最初にやるべきことは、基礎体温表を紙に記録することだと宣言します。2ヵ月間のあいだ、紙に残すだけで、先ほども述べたように1枚の紙上に女性の卵巣の状況が見えてくるはずです。
これらの受精卵が、子宮内膜へと着床して、それが胎児として発育し、やがて出産となるわけです。
ですから不妊というのは、この卵から胎児にたどり着くいきさつのいずれかに異常事態が生じた状況ということができます。
妊娠に至らない様子のことを不妊だといわれているわけですが、それじゃあいつから不妊だと認識したらよいのでしょうか?その点に関しては、日本産科婦人科学会の定義づけされたものが決められています。それによると、「いつも通りの夫婦生活を行い、2年の時が過ぎても妊娠できなければ不妊症とする」といったものです。
そして、通常の夫婦生活という言い方もきわめて不明瞭であり、毎回のように夫婦生活を持つカップルも、月に1、2回程度しか夫婦生活を持たない夫婦も、どっちも私たちは普通だと思っているのです。
そしてこういったことが、不妊治療の場所でも、妊娠を難航させている一番の要素となっています。しかしながらたくさんの女性が、「加齢とともに卵も加齢をしていくということを、今まで一度も習ったことも、耳に入ったこともない」と口を揃えて言葉にするのが実態です。
私の今までの経験からいえば、婦人科に在籍しているお医者さんのすべてが、不妊治療について熟知しているという状況であるとはいえません。さらに医療設備の観点からみても、不妊診療と呼ぶのは難しい医療機関も非常に多く存在しているといえるでしょう。
いかなる状態を不妊だと思ったらいいのでしょうか?「あんまり妊娠しないな」と感じたときが、スタートラインです。
最近では、不妊治療というものがたとえれば時代の波のようになっており、軽率な気持ちで婦人科へと行く女性もかなりいます。異なる理由としては受精卵になった卵、言い換えれば胚が子宮の内膜に着床できないという、着床障害が考えられています。
しかしながら、着床のからくりというものがいまだ十分に解明されていません。ただし、私はこうした定義は今の状況にひとつも適応していないと思います。なぜならば、何より結婚年齢が年の経過につれて高齢化へとなっていますし、40歳前後に結婚した女性が、2年間妊娠しなかったということで、不妊治療に申請した際、結局のところ子どもはできなかったといった場合になることが多いのです。今の日本では、不妊に苦労するカップルが年が経過するごとに増える傾向にあります。およそ10年前は、夫婦の10組のうち1組が不妊に頭を悩ませているとみなされていました。エイジングは、妊娠を困難にする最大の問題といえます。されど葉酸やDHEAサプリメントなどを活用してけっこうな効き目を出しています。エイジングは、治療を実施することは容易ではないのですが、教育次第では事前に予防することが簡単にできることも本当です。
なかでも家の近所、職場の近所という事情から婦人科に足を運び、不妊治療と思われるものに申し込んで、反対に拠り所をなくした夫婦を数多く見てきました。
しかも体外受精についても、妊娠確率は全国での平均22〜23%であり、さらにその確率から流産する可能性をひいた生産率、すなわち子どもを抱いて家に帰れる%は、15%強となってしまいます。
結局のところ、こうした高い費用の医療にエントリーしたとしても、結果として子どもを抱っこして帰ることができる夫婦は、7組に1組ばかりしかいないというのが、現実なのです。
卵子の加齢の知識欠乏も不妊の増加を多くする一つのキーになっています。
ところで、不妊になるのは、妊娠を邪魔する原因が存在してるということです。女性の身体で排卵し、その卵が精子と合体して受精卵へとなります。しかし今では、何とカップルの7〜8組のうち1組が不妊に頭を悩ませているといわれています。
不妊に苦悩する夫婦が急増している背後としては、キャリアウーマンといった女性の社会進出が普通になったことによって、結婚年齢、加えて出産年齢が上がったことが最大の理由です。
ですから前者に関しては、何かしらの妊娠を阻む因子が存在している確率が高いと考えられますが、後者においてはもっぱら夫婦生活の少なさが、妊娠できない原因になっているといえるでしょう。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です