不妊治療では、卵子のエイジングとは対照

不妊治療では、卵子のエイジングとは対照的に、体外受精といったやり方で、まさに早道での妊娠を見据えるという方式が使われています。ただし、体外受精は1回につき医療にかかるお金が、40〜60万円、医療機関次第では100万円前後の医療費がかかるところも存在します。
「子どもが授かりにくいな」と感じた夫婦がまず最初に起こすべき行動は、基礎体温表をつけることだと宣言します。
2ヵ月間、記すだけで、今しがた述べたように1枚の紙上に女性の卵巣の状況が映し出されるはずです。
現代の日本では、不妊に苦労する男女が年が経過するごとに増加しています。
10年程度前は、アベックが10組いたら1組は不妊に悩んでいるといわれていました。
妊娠しない事態のことを不妊だといわれているわけですが、それではいつから不妊であると把握したらよいのでしょうか?その点においては、日本産科婦人科学会の定義のようなものがあります。
その定義によると、「一般的な夫婦生活を行い、2年のあいだ妊娠に至らなければ不妊症とする」というものです。
そして、通常の夫婦生活という言い方も至って不明瞭であり、習慣のように夫婦生活を実行している夫婦も、月1〜2回しか夫婦生活を持たないカップルも、どちらも私たちは普通だと認識しているのです。
またこのことについてが、不妊の治療を行う現場でも、妊娠を難しくしている一番の要因となっています。
しかしながらたくさんの女性が、「年をとると一緒に卵も年をとっていくということを、今に至るまで一度も学習したことも、聞いたこともない」と異口同音に発するというのが現状です。こういった受精卵が、子宮内膜に着床して、それが胎児として成長し、やがて出産となるわけです。
ですから不妊であるというのは、この卵から胎児に達する過程のどれかに異例が生じた状態であるということができます。
だからこの着床障害においては、決め手となる治療法が発見されていないというのが現実です。
最終的な問題が卵子の加齢です。女の人の結婚年齢が上昇すればするほど、女性の卵子も年を重ねるとされています。
主要な理由は、精子が卵子に到達できないという状況です。
精子と卵子が巡り会えないことには、受精卵にならないわけですから、確実に妊娠があるわけないことは簡単にわかるでしょう。そして体外受精においても、妊娠できる確率は全国平均で22〜23%ほどであり、さらにそれから流産をひいた生産率、つまり我が子を抱いて家に帰れる%は、15%強となってしまいます。言ってしまえば、こういった高額な医療に申請したとしても、最後に子どもを抱いて帰ることのできるカップルは、7組に1組しかいないというのが現状なのです。
私のこれまでの経験から、婦人科の医師のすべてが、不妊治療について熟知しているという状況であるとはいえません。そして医療設備の局面からしても、不妊診療と呼ぶのは難しい医療機関も非常に多く存在しているのも事実です。
エイジングは、妊娠を簡単できなくする最大の問題といえます。しかし葉酸やDHEAサプリメントなどを利用して相当効力を発揮しています。エイジングは、治療を実施することはたやすくないのですが、教育次第では事前に予防することが難しくないことも本当です。
けれでも現代では、何と夫婦の7、8組に1組が不妊に苦しんでいるといわれています。不妊に悩むカップルが著しく増加している背景としては、女性の社会への進出が通常になったことによって、結婚年齢、そして出産年齢が上がったことが最大の理由です。ことさら自宅と職場付近といったことから婦人科の門をたたき、不妊治療と思われるものにエントリーして、かえって行き場をなくしてしまったカップルをかなり目撃してきました。
どういった状態を不妊だと認識したらよいのでしょうか? 「あんまり子どもができないな」と思った時が、不妊の始まりだといえるでしょう。今日では、不妊治療といったものがまるでトレンドのようになっており、軽率に婦人科の門をたたく女性もたくさんいるのです。
別の原因としては受精卵へなった卵、つまり胚が子宮の内膜に着床できずにいる着床障害が考えられています。しかし、着床のからくり自体がまだまだ十分には定かになっていません。
だから前者については、何かしらの妊娠を阻害する要因がある可能性があると推測されますが、後者についてはただ単に夫婦生活が少ないことが、妊娠までいかない原因になっているのかもしれません。しかしながら、私はこの定義は現状にひとつも適応していないと思います。なぜかというと、何より結婚年齢が年を追うごとに高齢化の傾向にありますし、40歳近くで籍を入れた女性が、2年経過しても子どもができないということで、不妊治療に申し込みしても、結局のところ子どもはできなかったといったことになりがちなのです。
つまり不妊治療とは、端的にいってしまえば、精子と卵子が出会うのをアシストする治療だといえます。別の解釈の仕方をすれば、不妊治療というのは、精子、卵子との距離を縮める行いだといえるわけです。卵子の老化の知識不足も不妊の増加を促す原因になっています。そして、不妊へなるのは、妊娠を阻害する要因があるということです。
女の人は排卵し、その卵が精子と一緒になって受精卵になるのです。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です