別の原因としては受精卵となった卵、言わば胚

別の原因としては受精卵となった卵、言わば胚が子宮の内膜へ着床することが無理だった着床障害が考えられるとされています。
しかし、着床の仕方というものが少ししか明らかになっていません。
そしてこのことが、不妊の治療現場でも、妊娠を困難にしている最大の原因となっているのです。しかしながらたくさんの女性が、「加齢とともに卵も加齢をしていくということを、今まで一度も習ったことも、耳にしたこともない」と異口同音に言葉にするのが現実です。
ことさら家の近所、職場の近所という理由で婦人科に訪れ、不妊治療と思われるものに申請して、反対に拠り所をなくした夫婦を非常に多く確認してきました。また、通常の夫婦生活という言い方もかなり不明瞭であり、日常的に夫婦生活を持つ夫婦も、毎月1、2回くらいしか夫婦生活を実行していない夫婦も、どっちも自分たちは通常の夫婦生活であると感じているのです。そうして体外受精における、妊娠率は全国平均22〜23%であり、さらにそれから流産をひいた生産率、つまり我が子を抱きしめて帰宅できる確率は、15%強となります。
要するに、こんな高額な医療にエントリーしたとしても、結果として自分の子どもを抱いて帰れるカップルは、7組に1組しかいないというのがリアルなのです。卵子の加齢の知識不十分も不妊の増加を促す原因につながっています。ついでに、不妊になるのは、妊娠を妨害する原因があるということです。女子は排卵し、その卵が精子と繋がって受精卵へとなります。
最大の理由は、精子と卵子が出会えないという状況です。精子と卵子が巡り会えないことには、受精卵へとなることができないわけですから、間違いなく妊娠があり得ないことはすんなりと把握できるでしょう。
「子どもができづらいな」と感じた夫婦が真っ先に行うべき活動は、基礎体温表を毎日記録することだとはっきり断言します。2ヵ月間のあいだ、紙に残すだけで、さっき言ったように1枚の紙に女性の卵巣の状況が映し出されるはずです。
ですからこうした着床障害については、正確な治療がないというのが真実です。
最後の問題が卵子の高齢化です。
女性が結婚する年齢を重ねれば重ねるほど、女性の卵子も年を重ねるといわれています。
私の今日までの経験からいえば、婦人科に在籍しているお医者さんのすべてが、不妊治療について熟知しているという状況では全然ありません。
しかも医療設備の見解から考えてみても、不妊診療とはいいにくい医療機関もたくさん存在しているという事実もあります。
妊娠にならない状態を不妊とされているわけですが、それならいつから不妊と自覚したらいいのでしょうか?そのことに関しては、日本産科婦人科学会で定義されたものが決められています。
それによると、「通常の夫婦生活を行い、2年間妊娠できなければ不妊症とする」といったものです。
どのような状態を、不妊の状態だと理解したらよいのでしょうか?「子どもができづらいな」と自覚したときが、開始だといえるでしょう。
近頃では、不妊治療というものがたとえればブームのようになっており、軽い気持ちで婦人科のドアをノックする女性もかなりいます。
近頃の日本では、不妊に苦労する夫婦が年を重ねるごとに増えています。
大体10年前は、夫婦の10組に1組が不妊に苦悩しているといわれていました。ですので前の例においては、何かしらの妊娠を阻むファクターが存在している蓋然性が高いと思われますが、後ろの例については単純に夫婦生活の少なさが、妊娠に到達しない原因になっているといっていいのかもしれません。
こういった受精卵が、子宮内膜に着床して、それが胎児として育ち、ゆくゆくは出産することになるわけです。
だから不妊の状態であるということは、この卵から胎児に達する過程のどれかに異変が起こった状態であるということができます。
そうして不妊治療というのは、端的にいってしまえば、精子と卵子が出会うように補助する治療だといえます。他の解釈の仕方をすれば、不妊治療というのは、精子と卵子の隔たりをなくす手段でもあるわけです。
しかしながら近頃は、何とカップルの7〜8組のうち1組が不妊に頭を悩ませているといわれています。不妊に苦悩する夫婦が急増しているいきさつとしては、女の人の社会進出がよくある話になったことによって、結婚年齢、そして出産年齢が上になったことが一番大きい原因です。しかしながら、私はこの定義は現状に全然当てはまっていないと思います。
なぜかというと、何より結婚年齢が年数が重ねるごとに老化していますし、40歳間近になって結婚した女性が、2年間妊娠しないということで、不妊治療にエントリーした場合、最終的に妊娠しなかったといった場合になることが多いのです。
不妊治療では、卵子のエイジングに対して、体外受精という手段でさながらショートカットの妊娠を目指すという方法が行われています。
けれども、体外受精は1回あたりの医療費が、40〜60万円、医療機関次第では100万円ほど費用がかかるところもあります。
エイジングは、妊娠を困難にする一番大きい課題だとえいえます。
もっとも葉酸やDHEAサプリメントなどを使用してけっこうな効き目を出しています。エイジングは、治療を行うことは簡単ではないのですが、教育次第ではあらかじめ予防することが簡単にできることも事実だといえるでしょう。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です