そして体外受精においても、妊娠できる確率は全国平均で

そして体外受精においても、妊娠できる確率は全国平均で22〜23%ほどであり、しかもその数字から流産をひいた生産率、すなわち自分の子どもを抱いて帰れる確率は、15%強です。言ってしまえば、こういった高額な医療に申請したとしても、結果として自分の子どもを抱いて帰れるカップルは、7組のうち1組しか存在しないというのが本当なのです。
そうして、通常の夫婦生活といった言い回しも甚だ不透明であり、習慣のように夫婦生活を実行している夫婦も、月1〜2回しか夫婦の生活をしていないカップルも、双方とも自分たちは通常の夫婦生活であると考えているのです。「妊娠しずらいな」と感じた夫婦が一番最初に取るべき行動は、基礎体温表をつけることだと断言します。
2ヵ月間、記すだけで、今しがた述べたように1枚の紙上に女性の卵巣の状況が見えてくるはずです。
ところが現在では、何とカップルの7〜8組に1組が不妊に悩んでいるといわれています。
不妊でつらい思いをしているカップルが著しく増加しているいきさつとしては、社会進出が女性でも一般的になったことによって、結婚年齢、そして出産年齢が上昇してきたことが一番大きな理由です。卵子の加齢の知識不足も不妊の増加を速める要因になっています。
そして、不妊になるのは、妊娠を阻害する原因が存在してるということです。
女子は排卵し、その卵が精子と出会って受精卵へとなっていくのです。
どうした状態を不妊の状態だと理解したらよいのでしょうか?「子どもが授かりにくいな」と自覚したときが、出発地点です。
最近では、不妊治療というものがあたかも流行りのようになっており、軽率な気持ちで婦人科の門をたたく女性も多いのです。
また不妊治療というのは、一言でいってしまえば、精子と卵子の巡り会いをサポートする治療ということができます。
別の表現をすれば、不妊治療というのは、精子と卵子の距離を近づけるやり方といえるでしょう。
妊娠にならない状態を不妊だといわれているわけですが、それじゃあいつから不妊だと認識したらよいのでしょうか?その点に関しては、日本産科婦人科学会の曖昧な定義が設定されています。
それによると、「通常の夫婦生活を行い、2年のあいだ妊娠できなければ不妊症とする」といったものです。主要な理由を挙げるならば、精子と卵子が出会えないという場合です。
精子と卵子が巡り会えないことには、受精卵へとなるのは無理なわけですから、絶対に妊娠があり得ないことは簡単に納得できるでしょう。
別の原因としては受精卵になることができた卵、言わば胚が子宮の内膜へと着床できないといった着床障害が考えられています。しかしながら、着床のからくりといったものが少ししか定かになっていません。
エイジングは、妊娠の難易度をあげる最も大きな問題といえます。
もっとも葉酸やDHEAサプリメントなどを利用して非常に効果を出しています。
エイジングは、治療することは難しいのですが、教育次第では先だって予防することが難しくないことも事実だといえるでしょう。
不妊治療においては、卵子のエイジングとは反対に、体外受精といったやり方で、言うならば近道での妊娠を目標にするやり方が利用されています。
しかし、体外受精は1回あたりの医療にかかる費用が、40〜60万円、医療施設によっては100万円くらいかかるところもあります。それゆえ前者に関しては、何かしら妊娠を妨げる因子が存在している確率が高いとされますが、後者についてはただ単に夫婦生活の頻度が少ないことが妊娠できない原因になっているのかもしれません。格段自宅か職場の近隣といったことから婦人科のドアをノックし、不妊治療っぽいものに志願して、かえって行く所を失ってしまったカップルをとても目撃してきました。
そしてこうしたことが、不妊の治療を行う現場でも、妊娠を難航させている最大の原因となっているのです。
しかしながらたくさんの女性が、「加齢と同時に卵も加齢することをこれまでの間一回も学んだことも、小耳にはさんだこともない」と口を揃えて言葉にするのが事実です。
ですからこの着床障害においては、確固たる治療がないというのが現実です。最後の問題が卵子の加齢です。女性が結婚する年齢を重ねれば重ねるほど、女性の卵子も加齢していくということなのです。
私の今日までの経験からいえば、婦人科の医師のすべてが、不妊治療の詳しい知識がある事態であるとはまったくいえません。
そして医療設備の局面からしても、不妊診療と呼ぶのは難しい医療の現場もとても多く存在しているのです。こういった受精卵が、子宮内膜に着床して、その受精卵が胎児として育ち、そのうち出産することになるわけです。つまり不妊の状態であるということは、この卵から胎児にたどり着くいきさつのいずれかに狂いが生じた状態となっているといえます。
現代の日本では、不妊に苦しむペアが年を重ねるごとに増加しています。およそ10年前は、男女が10組の中の1組が不妊に頭を悩ませていると思われていました。されど、私はこういった定義は実態にすこしも順応していないと推定しています。
なぜなら、何より結婚年齢が年を追うごとに高齢化していますし、40歳間近になって結婚した女性が、2年間妊娠しないということで、不妊治療にエントリーした場合、結局のところ妊娠はできなかったといった場合になることが多いのです。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です