エイジングは、妊娠するのを難解にす

エイジングは、妊娠するのを難解にする一番の課題といえます。
それでも葉酸やDHEAサプリメントなどを用いて多くの作用を上げています。エイジングは、治療を為すことは難しいのですが、教育次第ではあらかじめ予防することが簡単にできることも本当です。
それゆえこの着床障害に際しては、決め手となる治療が存在しないというのが現状です。
最後の命題が卵子が年をとることです。
女の人の結婚年齢が上昇すればするほど、女性の卵子も年をとっていくということがわかっています。
違う要因としては受精卵に無事なれた卵、言わば胚が子宮の内膜に着床することができないという、着床障害が推測されています。
そうはいっても、着床のメカニズムというものがいまだ十分に定かになっていません。「子どもができづらいな」と認識したカップルが一番最初に取るべきアクションは、基礎体温表を毎日記録することだと確言します。2ヵ月間記録するだけで、つい先ほども述べたように1枚の紙に女性の卵巣の状況が見えてくるはずです。
不妊治療については、卵子のエイジングとは逆に、体外受精という手段でさながらショートカットの妊娠を目標にするやり方が行われています。しかし、体外受精は1回あたりの医療費が、40〜60万円、病院によっては100万円くらいかかるところもあります。主だった原因は、精子が卵子に到達できないという有様です。精子と卵子が出会えないことには、受精卵ができないわけですから、絶対に妊娠があるわけないことは容易に納得できるでしょう。
しかも体外受精についても、妊娠率は全国平均22〜23%であり、しかもその数字から流産を差し引いた生産率、すなわち子どもをだっこして家に帰れる確率は、15%強ほどになってしまいます。要するに、こんな高額な医療に申込みしたとしても、結果として自分の子どもを抱いて帰れるカップルは、7組に1組しかいないというのが本当なのです。
卵子の高齢化の知識不足も不妊の増加を促す要因になっています。
ところで、不妊へなるのは、妊娠を妨害する起因があるということです。女の人は排卵し、その卵が精子と出会って受精卵へとなります。
そのため前者については、なにかの妊娠を妨害する因子が存在している可能性が高いと推測されますが、後者においてはもっぱら夫婦生活が少ないことが、妊娠までいかない原因になっているといっていいのかもしれません。すなわち不妊治療は、簡単にいってしまえば、精子と卵子が出会うのを補助する治療だといえます。別の解釈の仕方をすれば、不妊治療というのは、精子と卵子の間隔を狭くするやり方といえるでしょう。
ところが、私はこの定義は現状にまったく即していないと思います。
なぜなら、何より結婚年齢が年数が重ねるごとに老化していますし、40歳前後に結婚した女性が、2年間妊娠しなかったということで、不妊治療に申し込みしても、結局のところ妊娠することができなかったといったような場合になりがちなのです。
この受精卵が、子宮内膜に着床し、その受精卵が胎児として育ち、将来的には出産へとなるわけです。
だから不妊というのは、この卵から胎児に達する過程のどこかに狂いが起こった状況ということができます。いかなる状態を不妊であると把握したらいいのでしょうか?「子どもができづらいな」と思った時が、スタートラインです。
昨今では、不妊治療といったものがいうなら流行りのようになっており、何となしに婦人科のドアをノックする女性もかなりいます。そして、普通の夫婦生活という言葉もかなりおぼろげであり、毎回のように夫婦生活を持つ夫婦も、月1〜2回しか夫婦生活を実行していない夫婦も、双方とも自分たちは通常と考えているのです。
格段自分の家の近く、または職場の近くといったことから婦人科のドアをノックし、不妊治療らしいものに申請して、逆に行き場をなくしてしまったカップルをかなり目にしてきました。
私の以前までのキャリアからいえば、婦人科のドクター全員が、不妊治療について詳しいという状況では全然ありません。それに加えて医療設備の点からいっても、不妊診療とはいいにくい医療の現場もとても多く存在しているのも事実です。
妊娠に至らない状態を不妊だといわれているわけですが、それならいつから不妊だと認識したらよいのでしょうか?その点においては、日本産科婦人科学会の曖昧な定義があります。その定義によると、「普通の夫婦生活を行い、2年間妊娠到達しなければ不妊症とする」としたものです。
しかしながら近頃は、何とカップルの7〜8組に1組が不妊に苦しんでいるといわれています。
不妊に苦しんでいる夫婦たちが急激に増加している背後としては、女の人の社会進出が当たり前になったことによって、結婚年齢、加えて出産年齢が上になったことが一番大きな要因です。
近頃の日本では、不妊に悩む夫婦が年を重ねるごとに増える傾向にあります。
10年程度前は、ペアの10組に1組が不妊に苦しんでいるといわれていました。
そしてこのことが、不妊治療をする場所でも、妊娠を難しくしている一番の要因となっています。しかしながらたくさんの女性が、「年をとっていくとともに卵も加齢することを今まで一度も習ったことも、耳に入ったこともない」と口をそろえてみんな同じことをいうのが現状です。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です