そうして不妊治療というのは、大まかにいっ

そうして不妊治療というのは、大まかにいってしまえば、精子と卵子が鉢合わせするようにサポートする治療することであるといえます。他の解釈の仕方をすれば、不妊治療というのは、精子、卵子との間隔を狭くする行いだといえるわけです。
しかし、私はこの定義は実情にまったく即していないと思います。なぜなら、何より結婚年齢が年数が重ねるごとに高齢化へ進んでいますし、40歳近くになって結婚した女性が、2年間子どもができないということで、不妊治療に応募した場合、結局のところ妊娠はできなかったということになりやすいのです。ですからこの着床障害につきましては、決定打となる治療方法がないというのが現実です。
最後の課題が卵子の老化です。
女性が結婚する年齢が上がれば上がるほど、その女性の卵子も老化していくということなのです。
私の今日までのキャリアからいえば、婦人科に在籍しているお医者さんのすべてが、不妊治療の知識を多く持っているという状況では全然ありません。
さらに医療設備の見解から考えてみても、不妊診療と呼ぶに値しない医療機関も非常に多く存在しているのです。
「あんまり妊娠しないな」と自覚したカップルが一番最初に取るべき行動は、基礎体温表をつけることだとはっきり断言します。
2ヵ月間、記すだけで、先ほども論じたように女性の卵巣が1枚の紙の上にその状況が現れてくるはずです。違う要因としては受精卵になることができた卵、すなわち胚が子宮の内膜に着床することができないという、着床障害があり得ると考えられています。ただし、着床のメカニズムといったものが少ししか解き明かされていません。だから前者については、なんかの妊娠を邪魔するファクターが存在している確率が高いと推定されますが、後ろの例については単純に夫婦生活が少ないことが、妊娠に到達しない原因になっていることがあるかもしれません。不妊治療では、卵子のエイジングに対して、体外受精という方式でつまり最短距離での妊娠を目指すという方法がされています。
ただし、体外受精は1回につき医療にかかるお金が、40〜60万円、医療施設によっては100万円くらいかかるところもあります。
妊娠に至らない状態を不妊であるわけですが、それならいつから不妊であると把握したらよいのでしょうか?その点に関しては、日本産科婦人科学会の定義のようなものがあります。それによると、「通常の夫婦生活を行い、2年の時が過ぎても妊娠に至らなければ不妊症とする」というものです。そしてこうしたことが、不妊の治療現場でも、妊娠を厄介にしている最大の要因となっています。
しかし多くの女性が、「年を重ねるとともに卵も年をとっていくということを、今まで一度たりとも教えてもらったことも、聞いたこともない」と口を揃えて言葉にするのが現状です。
しかも、一般的な夫婦生活といった物言いも非常に不透明であり、毎日のように夫婦の生活をしているカップルも、月に1、2回しか夫婦生活を実行していない夫婦も、いずれも自分たちは通常の夫婦生活であると感じているのです。これらの受精卵が、子宮内膜へと着床して、それが胎児として発育し、ゆくゆくは出産することになるわけです。
つまり不妊の状態であるということは、この卵から胎児に至るプロセスのなんらかに異例が発生した実状ということができます。卵子の加齢の知識不足も不妊の増加を多くする原因につながっています。
また、不妊になるのは、妊娠を妨害する起因があるということです。女性の身体で排卵し、その卵が精子と出会って受精卵へとなっていくのです。
また体外受精のなかでも、妊娠確率は全国での平均22〜23%であり、しかもその数字から流産をひいた生産率、すなわち赤ちゃんを抱いて帰れる確率は、15%強です。言い換えれば、このような高額な費用の医療に応募したとしても、最後に子どもを抱いて帰ることのできるカップルは7組のうち1組のみだというのが、リアルなのです。
今の日本では、不妊に苦しむペアが年を重ねるごとに多くなっています。10年程度前は、男女が10組の中の1組が不妊に頭を悩ませていると思われていました。ですが今では、何とカップルの7〜8組のうち1組が不妊に頭を悩ませているといわれています。不妊に苦しんでいる夫婦たちが激増している成り立ちとしては、社会進出が女性でも通常になったことによって、結婚年齢、加えて出産年齢が上昇してきたことが最大の要因です。
大きな要因は、精子と卵子が出会えないという状況です。
精子と卵子が遭遇できないことには、受精卵になることは不可能なわけですから、間違いなく妊娠があるはずがないことは簡単に把握できるでしょう。
格段家の近所、職場の近所といった理由で婦人科の門をたたき、不妊治療とおぼしきものに申し込んで、むしろ行くところをなくした夫婦を大量に目にしてきました。
どういった状態を不妊の状態だと理解したらよいのでしょうか?「子どもが授かりにくいな」と意識したときが、スタートラインです。
今日では、不妊治療というものがたとえれば時代の波のようになっており、何となしに婦人科へと行く女性もかなりいます。
エイジングは、妊娠するのを難解にする一番の課題といえます。しかし葉酸やDHEAサプリメントなどを使用して相当効力を発揮しています。
エイジングは、治療することは容易ではないのですが、教育次第では事前に予防することが困難ではないことも事実だといえるでしょう。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です