私の以前までの体験からすれば、婦人科にいる医者の全員

私の以前までの体験からすれば、婦人科にいる医者の全員が、不妊治療について熟知しているという状況では全然ありません。
しかも医療設備の観点からみても、不妊診療と呼ぶに値しない医療の現場もとても多く存在しているのも事実です。
エイジングは、妊娠を簡単できなくする最も大きい課題だといえるでしょう。しかしながら葉酸やDHEAサプリメントなどを用いてけっこうな効き目を出しています。
エイジングは、治療を実行することは難しいのですが、教育次第では事前に予防することが困難ではないことも事実です。
現代の日本では、不妊に悩むペアが年が過ぎるごとに多くなっています。
およそ10年前は、カップルの10組のうち1組が不妊に悩んでいると思われていました。主だった理由を挙げるならば、精子と卵子がお互いに会えないという事態です。精子と卵子がお互いに会えないことには、受精卵へとなるのは無理なわけですから、確実に妊娠があるはずがないことは容易に把握できるでしょう。
そうして、普通の夫婦生活という表現も甚だあやふやであり、毎日のように夫婦生活を実行している夫婦も、月に1回か2回しか夫婦生活を実行していない夫婦も、どっちも自分たちは通常と認識しているのです。
妊娠に至らない状態を不妊なのですが、それではいつから不妊であると把握したらよいのでしょうか?そういったことに際しては、日本産科婦人科学会の定義のようなものがあります。それによると、「通常の夫婦生活を行い、2年のあいだ妊娠できなければ不妊症とする」といったものです。
また体外受精のなかでも、妊娠する確率は全国平均22〜23%であり、さらにそれから流産する確率を差し引いた生産率、すなわち赤ちゃんをだっこして帰れる確率は、15%強です。
とどのつまり、こうした高額医療にエントリーを行ったとしても、結果として子どもを抱っこして帰ることができる夫婦は、7組いたら1組しかいないというのが、事実なのです。
けれでも現代では、何と夫婦の7、8組に1組が不妊に頭を悩ませているといわれています。
不妊でつらい思いをしているカップルが急増しているいきさつとしては、女性の社会進出がよくある話になったことによって、結婚年齢、加えて出産年齢が上昇してきたことが最大の要因です。
この受精卵が、子宮内膜に着床し、それが胎児として発育し、やがて出産となるわけです。ですので不妊であるのは、この卵から胎児になる道筋のどれかに異常が発生した状態であるということができます。
しかしながら、私はこうした定義は今の状況に全然当てはまっていないと思います。
それは、何より結婚年齢が年数が重ねるごとに老化していますし、アラフォーで結婚した女性が、2年後までに子どもができなかったということで、不妊治療にエントリーした場合、結局のところ子どもはできなかったといったような場合になりがちなのです。
「あんまり子どもができないな」と思ったカップルがまずはじめに行うべき活動は、基礎体温表を紙に記録することだと宣言します。2ヵ月間つけてみるだけで、先ほども論じたように1枚の紙の上に女性の卵巣の状況がでてくるはずです。
格段自宅と職場付近といったことから婦人科のドアをノックし、不妊治療と思われるものに申請して、かえって行く所をなくした夫婦をかなり目にしてきました。そのためこの着床障害においては、決定打となる治療方法が確立されていないというのが現実です。最終的な問題が卵子のエイジングです。
女の人の結婚年齢が上昇すればするほど、女性の卵子も加齢していくとされています。卵子の高齢化の知識不足も不妊の増加を多くする原因につながっています。
また、不妊へなるのは、妊娠を害する要因があるということです。
婦人が排卵し、その卵が精子と合体して受精卵になります。
どんな状態を不妊の状態であると考えたらよいのでしょうか?「子どもができづらいな」と感じたときが、開始だといえるでしょう。
今日では、不妊治療といったものがいうならブームのようになっており、深く考えずに婦人科の門をたたく女性もかなりいます。
不妊治療については、卵子のエイジングに対して、体外受精という方法で、いわばショートカットの妊娠を目標にするやり方がとられています。
とはいっても、体外受精は1回につき医療費が、40〜60万円、病院によっては100万円ほどかかるところもあります。他の原因としては受精卵に無事なれた卵、言わば胚が子宮の内膜に着床できずにいる着床障害があり得ると考えられています。
とはいっても、着床のからくり自体がいまだ十分に定かになっていません。それゆえ前者に関しては、なにかの妊娠を妨害する要因がある可能性が高いと推測されますが、後者についてはシンプルに夫婦生活の頻度が少ないことが妊娠しない原因になっている可能性があります。
すなわち不妊治療は、要するに精子と卵子が出会うのを補助する治療ということが可能です。
違った言い様をすれば、不妊治療=精子と卵子の距離を近づける行為といえるわけです。
そうしてこのことが、不妊の治療を行う現場でも、妊娠を難しくしている一番の要素となっています。それなのに数多くの女性が、「加齢とともに卵も年をとっていくということを、これまで一回も習ったことも、耳に入ったこともない」と同じことを言うのが現状です。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です